無料メール相談
ネットでご予約
 
2017.06.14
羽生リボン歯科|アーカイブ
 
むし歯と歯周病について

こんにちは!羽生リボン歯科・矯正歯科、歯科衛生士の小谷野と申します。

私は4月から新人衛生士としてこちらで勤務させて頂いております。

突然ですが、なぜ人は歯を失うのか考えたことはありますか。

歯を抜かなければいけない原因は、

①むし歯

②歯周病

の2つです!では、どうしてむし歯と歯周病という病気になってしまうのでしょうか。

むし歯と歯周病の主な原因は、歯垢と呼ばれる歯の表面に付着した汚れです。
別名プラークとも呼ばれ、白くて軟らかく食べカスのように見えますが、70%が細菌で出来ています。

この歯垢と呼ばれる細菌の塊は、私達が飲食することで歯の表面に付着した食べ物や飲み物に含まれる糖をエサとして増殖し、酸を出すことで歯を溶かします。これが歯に穴が空いてしまうむし歯です。

さらに細菌達は、毒素を作りだして歯茎に感染し、悪化すると歯を支える顎の骨まで溶かしてしまいます。これが、歯周病という病気です。

つまり、むし歯が無くても、歯周病で歯が抜けてしまうのです。見た目で分かりにくいからこそ怖い病気です。

歯を磨いている時に、歯茎から血が出る方は要注意です!

ご心配な方は、検診にいらしてください。

現在、日本は長寿国です。いつまでも美味しいものを食べられて、楽しく会話ができ、見た目も若々しくいたいですよね。

そのお手伝いを私達に出来ればと思います。

 
 
 
Copyright © bright dental care allright reserved.